top of page
検索
  • 執筆者の写真橋口 グリーン

おうちの汚れの落とし方(油汚れ編)

こんばんわ!

グリーン橋口の橋口です。


今日は清掃のプロが各汚れの落とし方を教えます!

(ばれたら廃業やん、、、)


今回は

油汚れ(キッチン、お風呂場の垢)編です。


実は油汚れ大きく2種類に分かれます。

・動物性油汚れ(手垢等)

・植物性油汚れ(キッチンの換気扇等)

キッチンの油汚れが植物性なのは意外でした?


さらに、、

落ちにくいのは、植物性油汚れです。

手垢などは、メラニンスポンジ(激落ちくん)で擦るだけで落ちたりします。

頑固なのは、キッチンのレンジフードに溜まった植物性の油汚れです。


プロはどうやって落とすのか、、、

実は違いはケミカル(薬品)だけなんです。

ケミカル(薬品)を使用した後は、タオルで拭き拭きです。(笑)



それでは、ケミカル(薬品)のご紹介です。


油汚れを落とすなら、ケミクールが最強です。

しかしながら、塗装が剥がれたりと素材が痛む可能性が高く、手が荒れたりとかなり強い薬品です。

ご使用は注意してください。

Amazonでも安くで売ってたりします。気になった方は検索してみてください。

(ステマは嫌いなので、リンクは貼りません)



弊社で、素材を痛めないように使用しているもう一つの薬品が、SHDディグリザーです。

素材を痛めず、油汚れを落とすためにはこの薬品が1番だと思います。

(高いですが、、、笑)


こちらは、一般販売が高価な為、試したい方はお問い合わせください。

弊社はメーカーと直接やり取りがあるので、少し安くお売りできると思います。


以上が、油汚れの落とし方でした。

実際たくさんのメーカーがいろんなケミカル(薬品)を出しておりますが、

似たようなものがおおいと思います。

コスパ、効果、実用性が本当に高い2つの商品をご紹介しました。


鹿児島の油汚れ落としはグリーン橋口まで!

閲覧数:179回0件のコメント

最新記事

すべて表示

グリストラップ清掃、蓋交換

本日は鹿児島市でグリストラップの清掃と蓋の交換を行いました。 グリストラップの蓋は鉄製ですが、サイズが実は細かく分かれております。また、大きさによっては補強が必要であったり、四角にR加工が必要であったりと既製品ではなかなか同じサイズのものがありません。 私の方で、鉄板のサイズ寸法を細かく測り、現場に合わせた強度のグリストラップの蓋をご用意することが可能です。 グリストラップ清掃、グリストラップの蓋

Kommentare


bottom of page